もう悩まない!会社の人間関係

傾聴力があれば、人間関係は円滑になる

会話によるコミュニケーションの基本は、「話すこと」ではありません。「話すこと」よりも、むしろ「聞くこと」の方が大切です。話をしっかり聞ける人は、人間関係を良好に保つことができます。相手の話を聞く能力を「傾聴力」といいます。ただ単に聞いているだけでは「計聴力」とはいえません。相手の話にしっかり耳を傾け、理解しようとすること、相手に「話をしっかり聴いてもらえた」との満足感を与えるだけ力こそ「傾聴力」なのです。

 

それでは、傾聴力を身につけるにはどうしたらよいのでしょうか。
傾聴力を身につけるために心がけるポイントを見ていきましょう。

 

注意深く聞く姿勢をつくる

相手の話をしっかり聞いている態度を示します。相手の目を見ること。作業をしている場合は手を止めて、話に集中しましょう。

 

質問する

話をすることが上手い人もいれば、下手な人もいます。話が下手な人は、順序立てて説明されていなかったり、重要なキーワードが抜け落ちていて、何を言っているのかわからなかったりすることもあります。わからないところを適当に聞き流すのではなく、積極的に質問しましょう。話す人はちゃんと説明する努力をする必要があることはいうまでもありませんが、聞く方からも歩みよって理解できるようしっかりと聞きましょう。

 

反復する

相手の言ったことを反復することも、相手に「ちゃんと聴いてもらえている」という安心感を与えます。たとえば、相手が「昨日、○○市のお祭りに行ったんだけど」と言ったとします。それに対して、あなたはうなずいたり、「うんうん」と相槌をうったりするかもしれません。それもよいのですが、ときには「○○市のお祭りに行ったんだね」と相手の言ったことを反復するのです。相手の話を頭の中で整理し理解するためにも反復することは有効です。

 

全部肯定する姿勢でいる

話の内容によっては、あなたにとって賛成できないこともあるでしょう。相手の言っていることがおかしいと感じても、アタマから否定するのではなく、受け入れようと努力します。たとえば、「その考え方はおかしいんじゃない?」と言うのではなく、「そういう考え方もあるんだね。もっと詳しく教えて」と言うのです。どんなことを話しても受け入れてもらえると感じた相手は、あなたとリラックスして会話できるようになるでしょう。

 

 

いかがですか。このようにちょっと聞き方を変える人間関係が改善されるなら、やってみるにこしたことはありませんよね。一度、傾聴力の威力を試してみてくださいね。

関連記事