もう悩まない!会社の人間関係

人間関係を円滑にする「アサーション」とは

アサーションという言葉をご存知ですか。アサーションとは、自分自身も他人も大切にしながらコミュニケーションをはかる方法です。アサーションを学ぶと、人間関係を円滑にするために役立ちます。それでは、アサーションとは、具体的にどのような方法なのでしょうか。

 

たとえば、友達4人で食事に行くことになったとします。何を食べるか相談することになりました。あなたはイタリアンが食べたい気分です。ですが、他の3人は和食が食べたいと言っています。このような場合、「私はイタリアンが食べたい」と言えますか? 皆が和食がよいと言っているのなら、和食でいいやと、口ごもってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

アサーションの考え方では、自分がイタリアンを食べたいことを素直に伝えます。相手が和食を食べたい気持ちと自分がイタリアンを食べたい気持ちを同等に扱うのです。この場合、3人が和食を選んでいますので、多数決ならばあなたのイタリアンを食べたい主張は通らないかもしれません。もちろん、強引に自己主張を通してイタリアンを食べることにする必要はありません。あなたが本当に3人の主張を尊重したいと感じるなら、今回は和食にしてもよいのです。3人はあなたが譲ってくれたことを覚えているでしょうし、次回はあなたに合わせてイタリアンにしてくれるかもしれません。とにかく、他人に合わせようということばかりにとらわれるのではなく、自分自身の意見もしっかりと出しながら、皆の妥協点を探っていくことが大切なのです。

 

今回は食事という、それほど重要ではない話を例に挙げましたが、人間のコミュニケーションの場面において、アサーションは応用がききます。会議や仕事においても、アサーションに基づいて行動していくことで、働きやすい職場にしていくことが可能です。

 

 アサーションを日常にとりいれると、人間関係が変わって生きます。日ごろから自己開示をしていくことで、言いたいことをいえずに他人の顔色ばかり窺っている自分から脱します。また、素直な感情を相手に伝えることで、相手との信頼関係も築いていけます。
 ただし、闇雲に自分の主張を伝えればよいというわけではなく、主張することは主張するとしても、他人を不快にしない気遣いの言葉と態度は示していくようにします。
 いかに相手のことを大切にし、自分のことを大切にするか。アサーションは、そんなコミュニケーションの技術を真面目に考えていくツールなのです。

関連記事