もう悩まない!会社の人間関係

人間関係は絶えず変化する

会社の人間関係がうまくいっていないとき、一番辛い時間は、平日に会社で仕事をしている間よりも、休日が終わる夜だったりしませんか?会社勤めをしているとき、日曜日の夕方は切なかったです。明日から会社に行かなければならない、またあの劣悪な人間関係の中でいざこざに巻き込まれることになるのか。ああ、月曜日も休みたいなぁ、なんて、後ろ向きな気持ちでいっぱいになります。会社に行ってしまえば、思ったよりも辛くないことが多く、自分自身を一番悩ませているのは、会社の人間関係そのものというよりも、自分自身の弱い心にあるのではないかと考えたりしたものです。頭の中で会社をサボるシミュレーションをよくした私ですが、その気持ちは頭の中だけにとどめて、月曜の朝になるときちんと出勤していました。ところが、私の同僚の一人に、本当にたまらなくなって無断欠勤してしまった人がいました。

 

保険会社のコールセンターで働いていたときのことです。ある月曜日の朝、同僚は連絡なしに会社に来ませんでした。上司が電話しても、つながりません。その後も連絡が取れず、家で倒れているのではないかと心配になり、家を見に行こうかという話まで出たところで、たしか無断欠勤から3日目だったと記憶しますが、ひょっこり会社に出てきました。 上司には「体調が悪くて」と弁解していましたが、あとで私には「もう、どうしても会社に行きたくなくて、出雲大社まで旅してきた」と言っていました。無断欠勤は社会人として非常識という意見もあるでしょうが、私には彼女の気持ちがわからないでもないです。会社で働いていると、何もかも嫌になるときがありますよね。

 

そんなストレスフルな毎日をどうやり過ごすか、これは会社勤めをしている人間にとっては大きな課題です。なぜ、そんなに辛いと感じてしまうのでしょうか。それは、きっと、それまでの辛い経験を思い出して、また同じ経験をしなければならないと思うからではないでしょうか。しかし、人間は変化し続けています。同じ経験を同じように感じることなんてあるはずないのに、ついつい習慣で、悪い方向へと考えてしまうのです。

 

その悪習から抜け出すためにも、「人間関係は変化する」ということを肝に銘じることです。会社の中に苦手な人がいても、その人と一生付き合うわけではありません。私たちを取り巻く事情は、日々変化しているのです。また、私たち自身も、私たちが苦手だと思っている人たちも、日々成長し続けています。一刻として、同じ状態であることはありません。変化を楽しむことです。楽しいことも辛いことも長くは続かないことを知ることです。永遠に続く苦しみはありません。

関連記事