もう悩まない!会社の人間関係

自分らしさアピールで人間関係を快適にする

「会社なんて、不条理なことばかりやで」
以前、会社勤めをしていたときに、私の耳に、こんな言葉が飛び込んできました。声のする方を見ると、それは勤続20年を迎える部長の言葉とわかりました。部長もいろいろ我慢しているようです。私のような末端の派遣社員よりも責任が重い分、我慢しなければならないことも多いでしょう。会社で働いていると、皆それぞれ不満や不条理を感じているのだとつくづく感じさせる瞬間でした。価値観の違う人間が同じ空間を共有しているだけで、ストレスは溜まっていきますね。人間関係について気にしすぎると、言いたいこともなかなか言えません。自分らしさを出さないように気をつけながら、息の詰まるような毎日を送っている人もいることでしょう。

 

ただでさえ我慢し、不満を溜め込みがちな職場で、必要以上に我慢しすぎていませんか?ストレスで体を壊してしまう前に、伝えたいことは伝える訓練をしておきましょう。もちろん、伝え方には相手に配慮する工夫が必要ですが、人間関係について臆病になりすぎて、自分らしさを抑圧し続けていると、息が詰まりませんか。

 

たとえば、私は会社の飲み会が大変苦手です。人間関係が良好な会社なら、飲み会も楽しいのかもしれませんが、私が勤めていた会社は集まれば不満と悪口ばかりだったため、飲み会があると聞いただけで気が重くなっていました。あまりに辛いので、集まりは苦手であることを周囲に知ってもらうことにしました。飲み会への参加はあまり乗り気ではないと言ってしまいました。どうしても行かなければならない歓送迎会には参加しましたが、1次会だけですっぱり帰るなど、ずるずる付き合うことをやめることにしました。
 また、自分らしさのアピールは、苦手なことを伝えることだけに留まりません。逆に、自分の好きなこと、得意なことはどんどんアピールしていきましょう。休憩時間に自分の趣味や好きなことを話してみたりするだけでもよいのです。自己開示してくれる相手には、人は共感を持つものです。

 

仕事内容についての選り好みはできないでしょうが、それ以外では、もっと自分が楽になるようなやり方を開拓してもよいのではないでしょうか。快適でいるためには、自分が快適に過ごせるような環境を整えていく努力が必要です。一日のうち大半を過ごす職場を少しでも快適にするためには、いくら努力しても無駄にはならないでしょう。

 

とにかく、無理をしないこと、自分らしさを保ち続けることです。そうすれば、少なくとも気持ちは楽になります。

関連記事