もう悩まない!会社の人間関係

人間関係を円滑にする言葉遣い

コミュニケーションをする上で、言葉の力は強大です。言葉遣いひとつで、人間関係を円滑にすることもあれば、逆にギクシャクさせることもあります。社会人として周囲とコミュニケーションをはかるために、どのような言葉遣いを心がけるべきでしょうか。

感謝の言葉

「ありがとうございます」と言われて気分を害する人は滅多にいません。照れずに、感謝の言葉を口にしましょう。たとえば、いつも習慣のように口にしている「いつもお世話になっております」という言葉を、たまには「いつもありがとうございます」と言ってみるのはいかがですか。紋切り型に習慣で使っているあいさつよりも、ちょっとした変化を取り入れていくことで、気持ちが伝わっていきます。
また、「ありがとうございます」の代わりに「感謝しています」と言ってみるのもよいでしょう。普段「ありがとうございます」とはよく言われても、「感謝しています」と言われることはあまりないですよね。こういう言葉が相手の心に残っていきます。具体的にどのようなことについて感謝しているのか、具体的に話すこともお忘れなく。

 

相手を気遣う言葉

仕事について上司に相談するとき、仕事がらみの人間と電話で話すとき「今よろしいですか」と言葉を添えるだけで、印象が変わってきます。相手の都合を気にかけている気遣いが感じられます。
また、「お忙しいところ恐れ入りますが」、「お手数をおかけしますが」など、相手を思いやる気持ちをクッションとして入れていくことで、相手の立場を考えて話を進めようとしている誠意を見せていくことも大切です。
体調の悪そうな人を見かけたら、「大丈夫ですか」と声をかけましょう。弱っているときに気遣いの言葉をかけてもらえるのは嬉しいものです。

 

相手を喜ばせる言葉

相手の長所を褒める、相手の趣味、好きなもの、得意なものについて話題をふるなど、常に相手が喜ぶようなキーワードを含ませる言葉を選びましょう。相手と円滑な人間関係を結びたいという積極性のアピールになります。自分が言われて嬉しい言葉はどのようなものか考えていけば、参考になります。このような言葉は積極的に取り入れましょう。

 

 

言葉遣いについて少し注意するだけで、人間関係を円滑にすることができます。感謝の言葉、気遣いの言葉、相手を喜ばせる言葉を、無駄だと思わずにどんどん使っていきましょう。気持ちが伝われば、きっと相手も友好的になってくれるはずです。そしてその効果をぜひ実感してみてください。

関連記事