もう悩まない!会社の人間関係

社内恋愛は楽しいか

社内恋愛をしたことがありますか。
果たして、社内恋愛とは楽しいものでしょうか。

 

会社に秘密で社内恋愛している場合は、二人で秘密を共有している楽しみがあります。二人だけの秘密を持つことは恋愛における大きな楽しみのひとつです。
仕事の間も好きな人のそばにいられるというのも大きな特権です。仕事の悩みを打ち明けても、会社の空気や人間関係がわかっている分だけを受けられる分だけ分かり合えます。仕事上で助け合える場合もあるかもしれません。

 

しかし、社内恋愛はなるべくしないほうがよいでしょう。 
たいていの場合、社内恋愛は会社で歓迎されません。周囲はカップルに気をつかうものです。社内のチームワークが乱れる場合もあります。二人の仲がうまくいっているときはまだマシですが、ときには喧嘩をするときも、不満を感じるときもあるでしょう。別れた場合は、ことさら気まずいものです。周囲にもさらなる気をつかわせることになります。
また、社内恋愛を順調に育んだ末に結婚となり、女子社員が寿退社ということになると、会社としては貴重な人材を失う結果にもなりかねません。

 

そのような理由から、社内恋愛をしていると、会社での評価が下がるおそれがあります。本人だけではなく、相手の評価も下がり、どちらかが異動させられることもありえます。

 

たとえ会社に内緒で交際していたとしても、いつかはばれる可能性が高いです。女性社員たちは「空気」に敏感ですので、二人の間の親密な空気は隠しきれないものです。

 

また、社内で見つけた相手が、必ずしもベストパートナーであるとは限りません。会社という狭い世界の限られた人間関係の中で見つけた相手です。会社の中では素敵に見えるかもしれませんが、外の広い世界には、もっと「ぴったりくる」相手がいるかもしれません。

 

それでも、身近な人間を好きになることは自然なことですから、社内恋愛を一切禁じるというのも不健康な気がします。
人間は頭だけで生きているわけではありませんので、ときには理屈抜きの感情に突き動かされることもあります。好きになってしまったものは仕方がありません。

 

社内恋愛は、楽しいことばかりではありません。周囲の目や評価など、さまざまな障害があります。また、職場が公の場である以上、職場全体の益を考えたいところです。二人が楽しいからといって安易に交際に踏み込むのが良い選択かどうか、じっくり考えるべきではないでしょうか。
それでもどうしても交際したい場合は、社内ではなるべく恋愛感情を表に出さず、周囲を巻き込まないように細心の注意を払いましょう。

関連記事