もう悩まない!会社の人間関係

外国人社員と日本人社員との調和

近年、日本の会社でもグローバル化が進み、外国人の方を正社員として採用する企業も増えてきています。もちろん上層部の考えは分かりますが問題は、現場でのコミュニケーションです。

 

もし自分のデスクの隣であったり、同じチームであったりした場合確実にコミュニケーションを取らなくてはならず、自分の対応を他の社員達も食い入る様に見ています。外国の方との接し方と周囲の人間関係はどのようなところに注意したらいいのでしょうか。

 

相手の話を良く聞く事

外国の方の一番難しいところは、文化の違いです。
特に電話の取り方や仕方から違ってきます。こういう時に、頭ごなしに「日本ではこうだから」では無く、まず相手の話や文化から理解しましょう。
その文化を理解する事でコミュニケーションがとれ、「彼の国ではこうらしいよ」などと他の社員にも紹介でき、全体でのコミュニケーションが活発化します。さらに、外国の方であれば当然、日本語の細かい所が分からなくなる事もあるでしょう。そんな時は優しく、説明してあげてください。
むしろ、相手の母国語を少し覚えるくらいの勉強をすることで社内にも新しい風が吹き込みますし、アナタを中心にオフィスが明るくなる可能性もあります。

 

トラブルを責めない

同じチームで仕事をしていれば、トラブルはつきものです。
チームの仲間の日本人の中には、外国の方との仕事に理解を示さない方もいるでしょう。外国の方とのトラブルは仕事上のトラブルを越え、文化のトラブルにもなりかねません。人間関係を維持する為に、まず冷静な判断をしていく事が重要になります。ヒートアップしてしまう前に、まず互いを認め合う事から始めましょう。仲を取り持ち、トラブルを未然に防ぐ事で、信頼感もうまれ人間関係にはヒビが入らなくなるのです。

 

思った事を言い合う雰囲気

日本人と違い、外国の方は思った事をしっかり言える方多くいます。
「デリカシーがないな」ではなく、そのような良いコミュニケーション方法は是非実践していくベキでしょう。
常に社内で集まる機会を作り、慣れさせていくことで互いに腹の割れた会話が出来、良いい仕事にも繋がっていくので自然に人間関係を良くする事ができるのです。勿論人任せではなく、自分が中心なり事を行っていけば周囲の人間からも頼りにされ、充実した社内生活を送る事ができるのです。

 

グローバル化が進んだと言えど、まだまだ互いに理解できない事もある現状。自分が率先して行動を起こせば、人間関係も潤滑に進んでいくはずです。

関連記事