もう悩まない!会社の人間関係

女性社員同士の人間関係

今や女性の社会進出は珍しくなくなり、会社によってはむしろ女性ばかり、という会社も見受けられます。

 

そこでポイントとなるのが女性同士の人間関係です。

 

男性と違い、女性というのは派閥を作りたがるので、昔から人間関係が難しいと言われています。その特徴は社内でも同様です。

 

なので、人間関係に悩み退社してしまう女性社員も後を絶ちません。ではどのような対応で過ごしていれば、人間関係を作って行けるのでしょうか。ここでは女性社員として社内での立ち居振る舞いを説明していきます。

 

派閥に入らない

 

社会人になっても女性は派閥を作ろうとします。だからといって、それに合わせようと自分も派閥に入ってしまうような事をすれば、最終的に仲間はずれにされたり孤立する可能性もあるのです。

 

ここでは、派閥に入らずまんべんなく声をかけていく事が重要です。

 

そんな事をすれば、仲間はずれにされると思いがちですが、仕事が出来る方であれば周囲に認められ、自分の周りには信頼出来る方が集まります。

 

周囲をまともな人で固めることで仕事も円滑に進めれますし、余計な争いにも巻き込まれず充実した社員生活が送れるのです。

 

プライベートでも付き合う

 

男性と違い、女性であれば気の合う趣味などが性格上近いので、出来るだけプライベートでも様々な方と付き合う事が重要です。

 

女性は休日は休日、と割り切って過ごす事が割りかし得意なため、仕事意外の話で非常に盛り上がる事ができます。「あそこのランチが美味しいから休憩の時いかない?」「来月の土日思いきって旅行に行かない?」など社員同士で多くを楽しむことが重要です。

 

どうしても、プライベートは絶対に自分の好きな事に使う、という方も良いとは思うのですが社内での会話に付いて行けない、となると冷ややかな態度をとられてしまいますし、「あの人は誘っても絶対に断る」と、どんどん周囲から距離をおかれてしまい、最終的にオフィスで一人ぼっちという最悪な状況に陥ります。

 

そのことからも、バランスを取り、人付き合いを上手にしていく事です。

 

男性関係に気をつける

 

どうしても男女が同じオフィスにいれば、恋沙汰がおこる可能性も高くなります。

 

社内の他の方に分かるくらい、ベタベタしたり近づきすぎたりしてしまうと直ぐに女性は噂をまわします。

 

仲が良いのはいいのですいが、常識をもちプライベートしっかり切り離して公私混合をしない様にしましょう。

 

折角、様々な関門を抜けて入社出来たのに人間関係で、会社を去る事になるなんて寂し過ぎます。

 

他の女性社員とも上手な距離感を保ち、人間関係を円滑に仕事を楽しんで下さい。

関連記事